決して違法ではないデリヘル

デリヘルの考え方で間違ってはいけないことは、決して違法行為をしていないということです。
デリヘルは「風俗営業法」という法律の規制を受けて営業をしているのです。
街での客引きなどで「本番OKです」などと言われてしまうとデリヘルがアンダーグラウンド営業というイメージを持ってしまいます。
しかし決してそうではありません。風俗店の良し悪しは一般社会と全く同じ考え方なのです。
デリヘルを営業する際には公安当局の認可が必須となっており、社会に認められた存在となります。
風俗というとそうではなく、アンダーグラウンドなイメージを持っている方も多いですが決してそうではないのです。

 

「お金を支払ってまでデリヘル遊びをしたくない」なんて思っている人もいるかもしれません。
しかしデリヘルというのは、奥様や恋人などとのプレイとはまた違った興奮を味わうことが出来るのです。



決して違法ではないデリヘルブログ:210902

僕たちの僕って、
血液中のブドウ糖の濃度が低い時(血糖値が下がった時)に
「腹がすいたなぁ〜」と感じ、
食べ物を食べて血糖値が上がると、
「腹がいっぱいになった」と感じるように
できているんですよね。

だから、
腹がすいているのに我慢していると、
血糖値が下がり過ぎちゃうので、
ごはんを食べる時、ついつい食べ過ぎてしまうんです!

そこで僕は、
ごはんの前に腹がすいてしまったら、
あめ玉を一つ舐めるようにしています。

あめ玉は比較的カロリーは少なめなのに、
早めに分解されて血中に取り込まれるので、
血糖値も安定して、
腹がすき過ぎるということを回避できるんですよね。
結果、食べ過ぎも防ぐことが出来るのです。

減量中は、
甘いものなどのお菓子類は厳禁と思われがちですが、
これらもうまく利用すれば、
逆に減量に役立つというわけですね。

また
我慢だけの減量で、
ストレスが溜まりがちになるのも避けることが出来るんです。

ストレスが溜まり過ぎると、
満腹感を得ることが出来にくくなり、
ごはんの食べ過ぎにつながったりします…

無理に我慢せず、おいしいものを食べると満腹中枢を刺激して、
食べ過ぎを防ぐことも出来るのです。

おいしいものを食べたり、好きなものを食べたら、
次のごはんは少し意識的にカロリーコントロールする…
と言ったふうに、
ただ闇雲に我慢するだけでなく、
トータルで帳尻を合わせれば、それでいいのです。

とりあえず、
あめ玉は減量の強い味方ですよ!

みなさまも、是非お試しくださいね!